16年ぶりの五輪

16年ぶりの五輪は、ほろ苦い味だけを残した。石島のブロックや米国のサーブ、レシーブのミスを突いて競り合う。1964年の東京大会で五輪競技となったバレーボール。 第1セット。中国戦では歓声に動揺したかのような敗北を喫し、格下のはずのベネズエラにも完敗と、国内の試合とは違う雰囲気にのまれた。その輝かしい伝統もこの日で終わった。 日本は序盤は粘った。しかし、金メダルを目指すチームと1次リーグ敗退が決まっているチーム。差は歴然だった。 日本は男女とも金メダル獲得の経験がある上に、出場した大会では必ず1勝は挙げてきた。米国の高いブロックと速いレシーブからの攻撃にさらされた日本は徐々に差を広げられ、結局3セットを連続で落として完敗した。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。